インプラントの安心治療ガイド

安心してインプラント治療が受けられる 歯科医院ランキング

インプラントの安心治療ガイド

安心できるインプラント歯科医院と出会うために

HOME » 痛くないインプラント 無痛治療の最新情報 » 手術法による無痛治療

手術法による無痛治療

手術法による安心のインプラント無痛治療について解説しています。

メスを使わない安心のインプラント『フラップレス手術』

麻酔によるインプラントの無痛治療を知る無痛治療は局所麻酔や静脈内鎮静法などによって可能になりますが、厳密に言うとこれらの方法は手術中は痛みを感じないだけで、本当に意味で痛みが軽減されたわけではありません。従って、手術が終わって時間が経過すれば痛みや腫れを感じることがあるわけです。

では、痛みのない手術とは存在するのでしょうか。実は切らないインプラント治療「フラップレス手術」という方法があります。

インプラントの手術は通常、メスを使って歯肉を切開し剥離させ、顎の骨をドリルで穴を開けて行われます。フラップレス手術の場合は、インプラント埋入部位の歯肉に直径4mm程度の小さな穴を開け、その穴からインプラントを埋め込みます。

手術を行う前に精密検査(CT撮影)とコンピュータシミュレーションを行い、インプラントを埋め込む最適な位置に手術用テンプレートを作製することで歯肉を切ることなくインプラント手術をすることが可能になるのです。

フラップレス手術は、メスを使用しないため出血が少なく、手術後の痛みや腫れも大幅に軽減ができ歯肉の治癒も早い、手術時間が短縮され短期間で全ての治療を終えることができるなどのメリットがあります。

また、通常のインプラント手術ではインプラントを埋入してから歯を装着するまでに数ヶ月かかりますが、フラップレス手術の場合はインプラント埋入直後に仮歯を装着することも可能です。

但し、フラップレス手術を行うためには、以下のような条件が求められます。

  • 顎の骨が十分にあり、インプラントを埋入した外側に最低1.5mmの骨壁があること。
  • インプラントの周囲に充分な量の動かない歯肉(付着歯肉)があること。
  • 骨のかたちをCTで把握でき、正確なシミュレーションができていること。
  • 口腔衛生状態が良いこと。
  • 開口障害がないこと。

高度な技術も必要な治療法ですので、希望すれば誰でもできるわけではないということだけ頭に入れておきましょう。