インプラントの安心治療ガイド

安心してインプラント治療が受けられる 歯科医院ランキング

インプラントの安心治療ガイド

安心できるインプラント歯科医院と出会うために

HOME » 痛くないインプラント 無痛治療の最新情報 » 素材選びには特性の理解を

素材選びには特性の理解を

ここではインプラントに使われている素材について解説しています。

素材の選び方でインプラント施術後の不安も消える

インプラントは骨の中に支柱となる人工歯根を埋め込むため、入れ歯やブリッジよりも耐久性が高く、同じ物を長く使えるという大きな利点があります。

しかし一方で、長期間ずっと口腔内で使用するということは、体への影響が大きいという問題がでてきます。そのため、インプラントの素材選びは慎重に行わなければなりません。

チタンとジルコニア、それぞれの特徴

現在、インプラントの素材にはチタンジルコニアがよく使用されています。これらの素材にはそれぞれ特性があり、歯科医院によっても使用する種類が異なります。患者自身が自由に選べる場合は歯科医の説明をよく聞き、安心できるものを選ぶようにしましょう。

チタンは非常に丈夫な金属として様々な用途に使用されている物です。経年劣化がほとんどなく、インプラントのように長期間使用する物にも適した素材だと言えますが、電磁波を集める特性を持っており、治療後に体の不調を訴える人がいることが報告されています。

もちろん個人差があるため、誰にとっても危険性のある物というわけではありませんが、最近では体への影響を配慮して使用を控える歯科医院も増えています。

一方、ジルコニアはセラミック系の人工ダイヤモンドを原料としており、金属を使用しない体に安心な素材として人気が高まっている物です。チタンとほとんど変わらない強度を持ち、骨との癒着度はチタンよりも高いという特質があるため、ジルコニアだけを使用している歯科医院もあります。

ただし、ジルコニアインプラントの中には歯根の部分にチタンを使用している物もあります。このタイプのインプラントは結局骨の中に金属を埋め込むことになるため、残念ながら100%安心とは言えません。素材にこだわるのであれば、歯根も全てジルコニアでできている物を選びましょう。