インプラントの安心治療ガイド

安心してインプラント治療が受けられる 歯科医院ランキング

インプラントの安心治療ガイド

安心できるインプラント歯科医院と出会うために

HOME » 痛くないインプラント 無痛治療の最新情報 » 術後の咀嚼力の確保も大切

術後の咀嚼力の確保も大切

インプラントは咀嚼力も変わらないので安心できます。ここでは咀嚼力に関する情報をお届けしています。

インプラントは本物の歯のような咀嚼力が得られる

インプラントは、ブリッジや差し歯などと異なり、強い咀嚼力が確保できることがメリットとして知られています。

咀嚼力とは、物を噛む時にどのくらい強く噛むことができるかということを意味します。

物を噛む時には約50~60キログラムの圧力が歯・歯茎・顎骨にかかると言われています。これに対し、ブリッジや差し歯では歯茎の上に見た目だけの歯をかぶせたりした物であり、硬いものを噛むことができません(約15キログラム程度)。

インプラントは金属の部品を歯茎・顎の骨に直接埋め込むことにより、噛む時にかかる力を歯・歯茎・顎の骨でしっかりと受け止めることができるため、しっかり噛むことができるのです。インプラントの治療は、部品を歯茎にしっかりと固着させることが重要です。そのため、顎の骨がしっかりしていないとインプラントがきちんと顎骨に固着することができません。

どんな歯科医院なら安心?

歯科医院は、治療開始前に顎骨の状態をしっかりと検査・評価してくれるところが安心です。歯が抜けて、すでに義歯を使用してたり、抜けたままで長期間放置してしまったような場合には、顎骨の萎縮がすでに始まっている場合が多いのです。

しかしながら、そのような場合でも自分の骨を移植したり(骨移植)、骨補充剤などを使うことにより顎骨になどを増強することができますので。顎骨が萎縮している場合には、このような対応をしてもらえる歯科医院を選ぶと安心でしょう。

また、術後に定期検診を受けると同時に歯茎やインプラント歯のケアを受けることにより、場合によってはインプラントした歯を半永久的に使用することができます。したがって、インプラント術後にも継続してそのクリニックでアフターケアをうけられるような歯科医院で治療を受けられると安心です。