インプラントの安心治療ガイド

安心してインプラント治療が受けられる 歯科医院ランキング

インプラントの安心治療ガイド

安心できるインプラント歯科医院と出会うために

HOME » 痛くないインプラント 無痛治療の最新情報 » 麻酔による無痛治療

麻酔による無痛治療

麻酔による安全・安心なインプラントの無痛治療方法について解説しています。

最新の麻酔によるインプラント無痛治療法

麻酔によるインプラントの無痛治療を知るこれまでインプラント手術は、身体への負担を考え、全身麻酔ではなく局所麻酔を使って行われることが一般的でした。虫歯治療でも用いられる方法と同じです。

しかし、局所麻酔は手術をする箇所は痛みが無いのですが、意識ははっきりしているため患者によっては緊張や不安が身体に大きな負担となって、過呼吸や血圧異常を引き起こす場合もあります。

そこで最近では、静脈内鎮静法という麻酔の方法が用いられるようになってきました。これは、局所麻酔と全身麻酔の中間のような処置で、点滴を使って鎮静剤や鎮痛剤を静脈内投与することによって不安や恐怖心を和らげて治療を行う方法です。

全身麻酔とは違って意識はありますが、半分眠ったような状態で身体への負担をかけることなく、全身麻酔のような効果を得ることができます。心電図、血圧、心拍数などをモニタリングしながら行われるので安全で、治療中の痛みや記憶がほとんどありません。

気がつくと治療が終わっていたという状態になりますので、究極の無痛の歯科治療法と言えるでしょう。

静脈内鎮静法は麻酔医の管理が必要になるので別途5~10万円かかる場合があるのと、作用が覚めるまで数時間かかるので、治療時間が長くなってしまうのがデメリットです。

この他の無痛治療の方法として、笑気ガス鎮静法を用いるクリニックもあります。これは、鼻に笑気吸入用のマスクを装着して笑気(亜酸化窒素)を吸うことで頭をボ~っとさせることで、痛みや恐怖感を感じにくくする方法です。

笑気ガス鎮静法は中枢神経の機能を抑制しますが、呼吸、循環、反射機能は抑制しないので、意識は保たれた状態にあります。患者は恐怖心や不快感から開放され、安心してインプラントの治療を行うことができます。

笑気ガスの麻酔効果は5~10分程度なので麻酔がきれるまで休憩する必要もありません。但し、笑気ガスだけでは十分な麻酔効果得られないため、通常の局所麻酔も併用されます。

どの麻酔を使うか、あるいは局所麻酔だけで大丈夫なのかなどは、自分の状況をしっかり担当医師に伝えてよく相談することが重要です。