インプラントの安心治療ガイド

安心してインプラント治療が受けられる 歯科医院ランキング

インプラントの安心治療ガイド

安心できるインプラント歯科医院と出会うために

HOME » インプラント治療のために必要な知識 » 入れ歯・差し歯・ブリッジとの違い

入れ歯・差し歯・ブリッジとの違い

インプラント治療と入れ歯、ブリッジ、差し歯との違いを説明しています。

インプラント・入れ歯・ブリッジ・差し歯の違い早見表

項目 インプラント 差し歯 入れ歯 ブリッジ
見た目
衛生面
噛む力
健康な歯への影響 なし 少ない 多少あり あり
違和感 なし なし あり 多少あり
詳細 インプラントのメリット インプラントとの違い インプラントとの違い インプラントとの違い

インプラントのメリットとはなにか

インプラントの優位点を知る

他の治療法と比較すると、見た目にも美しく、健康な歯への影響や違和感がないのがインプラントによる治療です。

入れ歯やブリッジは、手術もなく費用も安いという利点もありますが、健康な歯にまで悪影響を与えてしまう可能性が高く、長期間維持することは難しいのが欠点です。

インプラントは自然の歯と同様に噛む力も失わず、メンテナンスさえしっかりしていれば、そのままずっと使い続けられるという点で長い目で見れば、メリットの大きい治療法と言えるでしょう。

インプラントとブリッジとの違い

ブリッジ治療とは歯を喪失した箇所の両側の歯を削って支柱とし、そこに一体型の人工の歯を被せることによって欠損部を補う治療法です。

固定されるので入れ歯のようにガタつくことはなく、手術も不要なので手軽にでき、歯が1、2本抜けた際には有効な治療の選択肢の一つです。

しかし、支柱となる健康な歯を削らなくてはならないことと、過重な負担を強いることになるので元々健康だった歯の寿命を短くしてしまう可能性があります。

また、ブリッジと歯肉との間に食べ物のカスが詰まって、虫歯や歯周病の原因となってしまうことがあります。

これに対しインプラント治療の場合は周囲の健康な歯を削る必要がありません。また、欠損した歯の根も補われるので均等に力がかかり、残った歯への影響はほとんどありません。

インプラントと入れ歯との違い

入れ歯治療とは取り外し式の義歯を使用して、欠損した歯を補う治療法で、部分入れ歯と総入れ歯があります。

治療が簡単で短期間でできることと、保険が適用される治療なので治療費が安く済みます。但し、噛む力が自分の歯の20~30%程度になってしまうという大きな欠点があります。

部分入れ歯はクラスプと言われる留め具を前歯や奥歯にかけて義歯を固定します。

クラスプを引っ掛けた歯に大きな力がかかるため、それが負担となって健康な歯を痛めてしまうことがあります。

総入れ歯は上顎は口の粘膜に密着し、下顎は歯ぐきの上に装着します。口全体を覆ってしまうことになるので、食べ物の味や温度を感じなくなることがあります。また、入れ歯が合わないと外れやすかったり、うまく噛めない、痛みがあるなどの問題が生じやすくなります。

インプラント治療の場合は、自分の歯と同じような感覚で噛むことが出来るだけでなく、しっかり固定されているので入れ歯のように外れるということがありません。見た目も自然で、金具が見えるといったこともありません。

インプラントと差し歯との違い

差し歯治療とは天然の歯根が残っており、そこ歯冠部を差し込む治療法です。残った歯の根の部分に金属やプラスチックでできた土台を入れて被せ物をします。

差し歯にできる条件としては歯根が残っていることであり、歯を抜いてしまったり、全く歯が無い状態では差し歯治療をすることはできません。つまり欠損してしまった歯を補う入れ歯やブリッジとは全く性質の異なる治療法だということができます。

インプラント治療とは歯がない場所に、歯の根の代わりにインプラントを埋入しその上に人工の歯をはめ込む治療法です。差し歯とインプラントと混同される場合があるのですが、インプラントがチタンの人工歯根を骨の中に埋め込むのに対して、差し歯は天然の歯根に金属の土台を埋め込むという点で全く異なります。