インプラントの安心治療ガイド

安心してインプラント治療が受けられる 歯科医院ランキング

インプラントの安心治療ガイド

安心できるインプラント歯科医院と出会うために

HOME » インプラント治療のために必要な知識 » 治療が難しいケースは

治療が難しいケースは

循環器系の病気など身体にトラブルを抱えていてインプラントの治療が困難なケースを紹介します。

インプラント治療に適さない人

インプラントは画期的な治療法ですが、どんな人でも手術を受けられるわけではなく、残念ながらインプラント治療に適さないケースもあります。代表的な例を以下に紹介しましょう。

骨粗しょう症

顎の骨にインプラントを埋入するため、骨の密度が減少しスカスカになって折れやすくなる骨粗しょう症は治療に向かない場合があります。但し、骨の量(幅、厚み)や状態によっては、増骨術を併用することで治療が可能になることもあります。

糖尿病

糖尿病は細菌の感染に弱く、進行してしまうと抵抗力や免疫力が落ちてしまうため、歯周病になりやすくなります。歯周組織に炎症を起こす歯周病はインプラントの土台になる骨に影響してしまい、インプラントを埋め込んでも骨と結合がうまくいかない場合があります。

但し、医師と相談が必要ですが血糖値が低くコントロールされていれば治療は可能です。

腎臓病

腎臓病も糖尿病と同様に免疫力が低下しているため傷が治りにくく、骨との結合が難しい場合があります。また、人工透析を行っていて血液の循環をよくする薬を服用していると、外科的処置をした時に止血が困難になり危険になる可能性があります。

インプラント手術が可能かどうか医師とよく相談して判断する必要があります。

肝臓病

肝臓に重度の疾患がある場合、血液を凝固させる成分が不足していて血液が止まりにくいといったことが考えられます。やはり医師とよく相談して判断する必要があります。

喫煙習慣

喫煙をする人は毛細血管の血流が悪いため、傷の治りが遅くなることがあります。血液中に入ったニコチンは、白血球の機能を低下させ、血管を収縮させてしまうのです。

また、口腔内に細菌が増殖しやすくなり、歯周病に対する免疫力を低下させてしまいます。歯の健康のためにも喫煙は控えたほうがよいでしょう。

その他、重度の高血圧や動脈硬化、貧血、心筋梗塞、狭心症などインプラント治療に適さないと考えれれるケースがあります。

インプラントはすぐに諦めないことが重要

以上のようにインプラントに適さないと考えられるケースはいくつかありますが、大切なことはすぐに諦めないで、医師と十分な相談をすることです。

インプラントの技術は日進月歩。重度な歯周病の場合でもまず歯周病の治療を行なってそれからインプラント手術をすることも可能ですし、骨粗しょう症や顎の骨が足りない場合でも、骨造成を行ってインプラントを行うのに十分な骨を回復すれば治療可能になってきているからです。

以前は難しいと考えられていたケースでも、歯科技術の進歩でクリニックによっては治療可能になっていることもありますから、一度インプラントを断られても別のクリニックに相談することをおすすめします。