インプラントの安心治療ガイド

安心してインプラント治療が受けられる 歯科医院ランキング

インプラントの安心治療ガイド

安心できるインプラント歯科医院と出会うために

HOME » インプラント治療のために必要な知識 » 気をつけなくてはいけないこと

気をつけなくてはいけないこと

治療を進める上で、気をつけておきたいインプラントの欠点について説明しています。

インプラント治療には欠点もある

インプラント治療は入れ歯やブリッジなどの他の歯科治療と比較して欠点と思われることもあります。よいことばかりあるわけではないことを知っておきましょう。

手術をしなければならない

インプラント治療が他の治療と比べて決定的に違うのは手術が必要になるということです。

特に2回法では歯肉を切開して縫合し、インプラントと骨が結合した後に再度開いて人工歯を取り付けなければなりません。手術をすれば腫れや出血もありますし、細菌等が感染するリスクもないわけではありません。

治療期間が長い

インプラント治療は手術そのものは数時間で終わるとしても、全体の治療期間が長いという欠点があります。インプラント体と骨が結合する期間だけみても下顎で3ヶ月以上、上顎で6ヶ月以上必要とされています。

入れ歯なら早くて1週間、ブリッジが10日程度の治療期間ということ考えると、治療期間の長さはデメリットと言えます。

治療費用が高額

インプラント治療は保険適用ではない自由診療のため、100%自己負担となってしまいます。

材料費や治療のための設備も必要となるので、平均的な治療費は1本あたり30万円~40万円程度と、気軽に考えられる金額ではありません。

これにオプション手術などが加わればさらに高額となってしまいます。

治療後のメンテナンスが必要

インプラントは半永久的に機能すると言われていますが、それはしっかりとメンテナンスが行われていることが条件となります。

人工歯やその周りの汚れをそのままにしておくとインプラント周囲炎になってしまう可能性があるからです。

定期メンテナンスを受けることはもちろん、日頃のブラッシングをしっかり行う必要があります。

長い目で考えることが重要

以上のように、インプラント治療には欠点と思われることがいくつかあります。では、インプラント治療を選ばなかったときはどうなるのか考えてみましょう。

確かに入れ歯やブリッジは保険が適用されて安価に治療を行うことができますし治療期間も短くて済みます。しかし、耐久性を考えると決して長持ちするものではありません

10年生存率が95%以上のインプラントに比べて、入れ歯の寿命は4~5年ブリッジは7年と言われています。特にブリッジの場合、健康な歯を削って治療が行われますから壊れた時の影響は大きいと言えるでしょう。

インプラント治療以外を選択した場合は残っている歯を犠牲にするという側面があることは否めません。結局は何度も治療を受けることになり、手間や費用もかかってしまうことになります。

長い目で見れば、周囲の歯に悪影響も与えること無く、長期間使用にも耐え、自分の歯と同様の感覚で食事ができるインプラントは多少の欠点はあってもメリットの方が大きいと言えるでしょう。