インプラントの安心治療ガイド

安心してインプラント治療が受けられる 歯科医院ランキング

インプラントの安心治療ガイド

安心できるインプラント歯科医院と出会うために

HOME » 部分・症例別 インプラントの事例集 » 番外:インプラントの失敗例

番外:インプラントの失敗例

インプラント治療を失敗した方の体験談を紹介しています。また、失敗しないための注意点にも触れていますので、参考にしてくださいね。

インプラント治療の失敗談

インプラント治療をしてから1年後くらいに、インプラントにした部分に痛みを感じ始め、さらにしばらくして膿まで出てくるようになってしまいました。

手術した医院とは別の歯医者で診察してもらったところ、インプラント部分の歯茎が炎症を起こしているということでした。インプラントにした犬歯は特に力のかかる歯なんだそうですが、その力に耐えるだけのインプラントが入っていなかったのが原因でした。

話を聞くと最治療できるということだったので、増骨手術を行い再びインプラントを入れることにしました。治療には時間がかかりましたが、現在は完璧に治ってほっとしています。

これからインプラント治療を行う方には、いろんな病院の情報を集めて、実際に何件か直接お話をした上で信頼してから手術していただきたいと思います。セカンド・オピニオンは大切です!

(53歳 女性)

 

2、3年くらい前に上の前歯2本をインプラントにしました。半年前に右側の1本の根元が痛み出し、鏡で見ると歯ぐきが黒ずんでいて、押すとぶよぶよの状態でした。

かかりつけの歯医者に行ったところ、歯の根元に菌が入ってしまったということで、歯茎を開けて、中の骨を削り取る処置をしてもらったのですが、その後4ヶ月くらいすると、その歯がグラグラとするようになってきました。

再度医者に行きましたが、噛み合わせの調整だけで様子見にされてしまいました。その後一向によくなる気配がなく、このままで本当に大丈夫なのか心配です。

(59歳 女性)

 

インプラントの手術に失敗してしまいました。差し歯が根元から割れてしまい、痛くて仕方がなかったので抜いてしまったんです。ブリッジにするか迷いましたが、インプラントの方が他の歯を痛めることが少なそうだったのでインプラントにすることにしました。

今考えるとレントゲンは撮りましたが、CTスキャナーの検査はなく治療が進められました。

根元になる骨の部分を少し削られ、痛みもあったのですが何とか我慢して数ヶ月。骨が細かったたためすぐには埋入できなかったのです。骨を太らせる治療をしてやっとインプラントを入れる日が来ました。

ところが、手術台にのって傷口を開いた途端にその歯医者から無理だと言われたんです。とにかくその歯医者はあまり腕のいい歯医者ではなかったようです。インプラントをする時にはしっかり実績や評判を確認しなければいけなかったんですね。

(61歳 女性)

インプラントで失敗しないために

上記の失敗談でわかるように、インプラント治療はすべて成功するとは限りません。

失敗の例にはこの他にも、かぶせ物をした後に抜けてしまった、手術後に痛みが取れない、唇がしびれる等あるようですが、一番の原因は、医師選びの失敗と言われています。

事前によく調べずに、経験のあまりない医師に治療され失敗してしまうというケースが多いのです。歯科医なら誰でもいいというわけにいかないのがインプラント治療の難しさです。

インプラント治療には高度な技術と専門的な知識、設備が必要です。インプラント認定医であるか、カウンセリングが充実しているか、院内の衛生管理や設備がしっかりしているかなど、あらかじめ調べた上で慎重に歯科医を選ぶことが、失敗しないインプラント治療への第一歩です。