インプラントの安心治療ガイド

安心してインプラント治療が受けられる 歯科医院ランキング

インプラントの安心治療ガイド

安心できるインプラント歯科医院と出会うために

HOME » 安心・安全なインプラントのためのチェックポイント » 自分に最適な手術法を提案してもらおう

自分に最適な手術法を提案してもらおう

インプラント手術の種類や、骨の厚みが十分でない場合の手術法についても紹介しています。

インプラントには1回法と2回法があります

インプラント手術は一般的に、1回法と2回法の2種類があり、口の中の状態を検査することによって、よりよい方法が医師により選択されます。

1回法

あなた合う最善の方法でインプラント治療をインプラントの手術を1回で終わらせる方法です。歯肉を切開し人工歯根(インプラント体)とアバットメントが一体になったものを埋入します。

手術後はアバットメントが歯肉の外に出ている状態になり、再度歯肉を切開する手術は必要ありません。骨と人工歯根が結合するまで安静期間を置き、その後人工歯を装着します。

手術が1回で済むので患者の負担が少ないですが、インプラントを埋め込む顎の骨がしっかりあることが条件で、骨再生や骨移植を行なうと感染の可能性が高くなるというデメリットがあります。

2回法

手術を2回行なう方法です。歯肉を切開し人工歯根(インプラント体)を骨の中に完全に埋め込み、その上に歯肉を被せて縫合します。骨と人工歯根が結合するまで3ヶ月~6ヶ月待ち、被せ物をセットするための2次手術を行います。

2次手術では再度歯肉を切開し、人工歯根にアバットメントを取り付けます。その後人工歯を装着します。手術が2回必要なため、患者の負担が大きいというデメリットがありますが、顎の骨の量が少ない人でも、骨移植や骨再生を行なうことで適応し、1回法に比べて感染しにくいというメリットがあります。

骨の高さや厚さが不足している場合

インプラントの手術には骨の高さや厚みが必要となります。それが十分でない場合は次のようなオプション手術をする必要があります。

骨移植

顎の骨の量が不足している場合に、本人の歯槽骨や顎の骨を採取して補う治療です。拒絶反応がなく、骨同士の接合も良好です。

GBR(骨誘導再生療法)

インプラントを埋め入れるために十分な骨の量がない場合、自家骨や骨補填剤をメンブレン(専用膜)で覆い、歯槽骨や顎骨などの再生を促す治療です。

ソケットリフト法

骨幅がなくインプラントが上顎洞を突き抜けてしまう場合(上顎の骨が5ミリから8ミリ以下程度)に、特殊な器具で上顎洞底部の骨を押し上げながら人工骨を追加して骨幅を増やす治療です。

サイナスリフト法

上顎の骨が5ミリ以下の場合、側面の歯茎から窓を開け、上顎洞に移植骨や骨補填材を注入し上顎の底の部分を押し上げて、インプラントを埋入可能にする治療です。

顎の骨の高さや厚みなど、口内環境は人によって様々です。インプラント治療では通り一遍の方法ではなく、様々な角度から診断し、オプション手術などを組み合わせながら数多くの手術法を提案してくれる歯科医院を選ぶようにしましょう。